売却ご相談窓口

不動産高値売却の秘訣

  1. トップページ
  2. 不動産高値売却の秘訣
売却価格が安くなってしまう理由 高値売却が実現する理由 売主のメリット

当社オークションの特徴

当社の不動産オークションは、一般的なオークションや入札と同じように見えても、根本的に異る特徴があります。

1. 徹底的に調査・準備する

一般的には簡易調査・簡易資料のみで売りに出されます。しかし実際は、「買主リスクを軽減すること」「価値を高めること」「最も高く買える買主を想定すること」が大事です。

特徴1. リスク・問題の見える化、解消・軽減

リスク・問題(地歴、地盤、土壌汚染、越境、権利、遵法性、費用他)も調査し、事前に解消・軽減。

特徴2. 価値の向上

価値を高めてから売る。(隣地を巻き込み)面積を大きくする、道路付けを良くする、敷地を分割する、収益を高めるなど。

特徴3. 高値売却戦略

最も高値で購入できる買主を想定し、逆算して営業ルートを開拓。

特徴4. 万全な資料の準備

買主のリスクと労力を最小限にできるよう、資料を準備。

2. 徹底的に営業する

不動産では、一般的には知っている買主、懇意にしている買主に情報を持ち込みます。しかし実際は、「営業の絶対量をこなすこと」「先入観を持たないこと」が大事です。とはいえ、情報は価値で鮮度も大事なため、物件の種別によっては「無作為に流さないこと」も大事です。

特徴5. 営業先リストアップ・買主データベース

直接営業先(分譲会社、不動産投資会社他)、間接営業先(金融機関、仲介会社他)を制約なくリストアップ

特徴6. 「場所を特定できない」形で営業

「○○駅徒歩15分圏内、約300坪、前面道路4m」程度の情報のみでヒアリング。

特徴7. 物件資料は秘密保持確認後、提供

物件情報は「購入意思」及び「秘密保持」の確認後に提供。

特徴8. 一社一社、丁寧に営業・フォロー

一社一社、電話及び面談による継続フォロー実施(戸建分譲会社なら80~100社)。

3. 競争を最大限に促進する

一般的には不動産を買う時に競合の価格は見えません。しかし実際は、競合の価格が見えない方が良い場合、見えた方が良い場合の両方があり、価格の見せ方も様々な方法があります。「最も価格競争が働く方法を状況に応じて選定する」ことが大事です。

特徴9. 事前営業で裏取り

水面化で4~8週間かけて事前営業活動実施。その後に入札条件設定。

特徴10. 入札条件・ルールの精査・整理

オーダーメイドで1件1件、入札条件(最低売却価格、手付金、瑕疵担保責任、融資特約等)やルール(入札方法、落札者選定方法他)を設定。

特徴11. 競合価格の見える化

インターネット入札では競合価格が見える(一般非公開)。紙入札でも2回戦を実施する場合、1回戦の価格水準がわかる。

特徴12. 入札方法選定

事前営業の結果により、インターネット入札と紙入札を使い分ける。

売却価格が安くなってしまう理由 高値売却が実現する理由 売主のメリット
top
プライバシーポリシー